中古マンション住宅ローンのデメリットとは?

新築マンションとくらべ、中古マンションの購入は希望エリアや希望物件が新築時よりも安く買えるというメリットはあるものの、設備等が古いというデメリットはあります。
マンションは常に新しい設備を付ける事で、新築の魅力を高めているため、中古マンションを購入すると、設備面での見劣りは避けられません。
しかしながら、これらの設備も、購入時にリフォームをして取り付ける事で、十分に同程度の設備を手に入れる事は出来ます。
ユニットバスやIHコンロ、タンクレスシャワートイレ等は全て合わせても、新築マンションの購入の差額と比べても、大きくありません。
またリフォーム費用は、住宅ローンの中に含めて申請が可能なため、毎月の負担増もそれほど大きくならずに済みます。
新築マンションはローンが厳しいという方は、中古での購入ならびにリフォームで理想の住まいを手に入れるという方法も検討してみてはいかがでしょうか。