変動金利型・全期間固定金利型・ミックスローンとは?

住宅ローンの金利には、変動金利型・全期間固定金利型及び固定金利選択型の3種類があります。
どれが正解というものはありませんが、それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。
まず変動金利型とは、その名のとおり短期プレイムレートと連動して金利が変動します。
固定金利に比べ低金利の商品が多いのが特徴ですが、金利が上昇した場合、当然返済負担は大きくなります。
また返済額が変動しますので、生活設計が立てにくいといデメリットもあります。
次に、全期間固定金利型ですが、こちらは終始金利は一定していますので、生活設計が立て易いといえます。
金利が上昇しても影響は一切受けませんが、逆に下がった場合も恩恵を受けることはできません。
デメリットを挙げるなら、変動金利に比べ、金利は高く設定されています。
最後に固定金利選択型ですが、ミックスローンとも呼ばれています。
言葉のとおり、固定金利と変動金利を組み合わせたシステムになっています。
金利上昇のリスクは変動金利型より軽減でき、金利が下がった場合は、全期間固定金利型を選択した場合より、その恩恵を受けることができます。
いわゆるリスク分散型ということができます。