公共料金を楽天カードで支払うのはどう?

楽天カードと言えば、今やもう飛ぶ鳥を落とす勢いとでも言うべき状態で利用者を増やし続けているクレジットカードです。
これだけ人気のあるクレジットカードですから、当然その人気の秘密があるわけです。
先に言うと、公共料金をクレジットカードで支払いたい、という人にも充分おすすめできるカードになっています。
楽天カードはまず、永久に年会費が無料です。
持っているだけでは1円もかかることはありません。
楽天カードは、そのポイントプログラムに最大の特徴があるのですが、まず、入会するだけでポイントが2000ポイント、つまり2000円分もらえます。
さらに、通常であれば100円で1ポイント付与されるのが、楽天市場内での買い物であればポイントが2倍の2ポイント付きます。
貯まったポイントは1ポイント1円換算で、楽天市場内でのみ利用することができます。
楽天内でしか使えないポイント、というところに若干不安を覚える人もいるかもしれませんが、あなたのパッと思いつく商品を楽天で検索してみてください。
大抵のものがあるでしょう。
その部分は、あまり心配しなくてもよいかもしれまえん。
ともあれ、楽天のヘビーユーザーであれば、公共料金を支払うことによって得た楽天ポイントで生活必需品などを購入する、という流れもできるわけです。
月の公共料金の支払いが30000円だったとしたら、ポイントは300円分付きます。
1年で3600円分ですから、ちょっとしたお歳暮ぐらいは購入できます。
わかっていただきたいのは、クレジットカードで公共料金を支払うのでなければこの3600円という数字は発生していなかったということです。