返済期間短縮に関する住宅ローン相談とは?

返済期間短縮に関する住宅ローン相談住宅ローン相談の中でも、いかにすれば返済期間を短くできるか、という相談が多くあります。
可能な限り返済期間を短くすることが、ひいては総返済額の抑制にもつながります。
まずは、借入額自体を少しでも少なくする方法を考えてみます。
住宅ローンには団体信用生命保険がつきものですから、各種の保険に入っているのならば、そのうちの1つを解約してもいいかもしれませんし、眠っているお金がないかを確認してみることも重要です。
もちろん親からの援助などがあればそれに越したことはありません。
また、家計管理を徹底して、返済可能額を引き上げ、その分返済期間を短くするのも効果的と言えます。
返済可能額を増やすのが無理ならば、ほんの少しでも低い金利のローンを探し出し、その分、返済期間を短くするよう努めることも大切です。
最後の手段は、購入価格自体を下げるという方法です。
不動産会社などとの交渉の余地がないか、仲介手数料を割り引いてもらえないか、この辺りのことを考えてみるのも1つの方法です。
住宅ローンの金利の相談でおすすめは?